忍者ブログ
とあるブログ
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

父方の祖父が今朝方亡くなったらしいです。


……僕の誕生をかなり喜んでくれた……らしい。
(男だったから、というようなニュアンスも聞きましたが…)



…祖父が僕に進ませたかったであろう道。

でも、僕にはしたいことがある。「そちら」にはもう興味はない。力もない。自分よりできる弟がちゃんとやってくれるだろう。

…が、いくら確固たる考えを持っていても、やはり本人の前では言いにくい。期待してくれているだろう人には言いにくい。

そう思って、最後(といってもかなり前だが…)に会えたであろう機会を自分から放棄した。


そのことについては後悔…も何もしていない、と思う。
ただ、それだけ。




死ぬ、ということについて少し考えてみた。
もし、今ここで自分が死んでしまうとすると、何を思うだろうか…。

琉大に行きたかった?
もっと様々なものとの出会い、可能性があった?
FF8の全部のイベントを見たかった?

いろいろ考えても、それは全て「まだやりたいことがある」。


じゃあ、祖父はどうだったのだろう。
どうなんだろう。

生きるだけ生きて満足した?

…いや、たぶんそれはないだろう。
想像だけれども。


しかし、果たして「生きるだけ生きて満足だ」と言って死を迎えられる人がいるだろうか。
…おそらく、誰もいない。

貧しい人は、お金に困らなかったらよかったなぁ、と少なからず思うだろうし、
貧しくない人も、もっとしたいことはあるだろう。
今まさに死にたい、と思って自殺しようとしている人も、自分がこんな境遇じゃなかったら…と考えるだろう。




死にゆく人の気持ちはさておき、
「死ぬのは怖いか?」
という質問。

これについて僕は、
(死ぬときは死ぬ。生きられるときは生きられる)
と考えている。
だから、怖い…とは思わないはず。
残る気持ちは、さっき書いた「まだやりたいことがある」だと思う。




「生きたい!」
と思って死の淵から這い上がってこられるならば皆そうするはず。
しかし、それでは世代が替わらない。
死にゆくものは死に、生まれるものは生まれる。それが普通。


FF8の中でスコールが
「俺は過去形にされるのは御免だからな!」
と言う場面がある。

賢かった、優しかった、厳しかった……。
それが過去形。

それは「現在進行形」から外されたものへ対する、見方。

「御免だからな!」
といくら言っても、死ぬときは死ぬ。生きられるときは生きられる。それは変わらないと思う。




……何か、言いたいこと、考えたことを書き連ねていっただけなので、文章にまとまりがないかと思います…。まさに「思考流出」。

…まぁ、「その時の気持ち」ということで。
PR
※ この記事にコメントする
Name
Title
Text Color
URL
Comment
Password
Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
■ コメント一覧
■ この記事のトラックバック
この記事にトラックバックする:
また風邪? HOME 今日の天気
フリーエリア

↑ BGMを聴けます。詳しくはこちら
カレンダー
07 2017/08 09
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
時計

カウンター
最新コメント
[05/03 かずね]
[04/24 遠い三重の大地より]
[02/27 のぞみ]
[12/11 のぞみ]
[09/13 ロマン]
ブログ内検索
プロフィール

HN:
なおたん

年齢:
25

HP:

性別:
男性

誕生日:
1991/09/04

職業:
研究員 兼 大学院生

自己紹介:
一介の社会人 兼、博士課程2年次(長期履修中)です。

メール(送信には本文のみ必須):
Powered by NINJA TOOLS
バーコード
アーカイブ
アクセス解析
Powered by ニンジャブログ  Designed by ピンキー・ローン・ピッグ
忍者ブログ / [PR]